2010年06月02日

グリーンコーラを飲んでみたら…

green_cola.JPG
 
こんにちは。顧客視点アドバイザーの神原サリーです。
 
ここのところ、食べ物・飲み物の話題が続いていますが、今日は5月25日に発売されたばかりの「GreenCola(グリーンコーラ)」のこと。新発売になったものは何でもチェックしてみないと気が済まないというわけではなく、心にビビッと来たものは逃さず手に取る…という精神の私。電車の中でグリーンコーラの広告を見て、「え?コーラ飲料をアサヒから?」ということがどうにも気になり、続いて「着色料・カフェイン・保存料ゼロ」「食物由来の原材料」あたりも気になって、さっそく購入してみたのでした。
 
微炭酸何て言う言葉もある中で、けっこうちゃんとした炭酸感があり、確かに後味に薬っぽい感じもなくて爽やか。甘さはかなりあると思うけれど、カフェインゼロだし、お風呂上りにこんなコーラが飲みたいときもあるなあと思いました。
 
大学生の次男も一口飲んでみて「あ、これ好き」とのこと。
 
------
 
最近やたらとゼロばやりだけれど、カロリーゼロなのに甘さのある飲み物は何だか怖いイメージがあるんですyね。一方で『カフェインゼロ』の動きも気になるところ。カフェインには利尿作用があるので、、寝ている間に失われた水分を補給するためには、朝にカフェインレスのものを飲んだほうがいいという向きと、寝る前のリラックスタイムにはカフェインレスのものをと提唱する向きと2つあると先日の産経新聞に出ていましたっけ。
 
私はコーヒーでかなりのカフェインを摂取しているので、それ以外では控えたいという感じでしょうか。とても喉が渇いて、スカッとした炭酸飲料が飲みたいときや、お酒を飲み過ぎて、だけど水じゃないものが飲みたいときにもいいのかなあ、このグリーンコーラ。
 
たまに飲むコーラとしては、これ、好きだなというのが正直な感想です。ただ、「素材派コーラ」というのはわかりやすいようで漠然としているような。何がいいか、ちょっと考えてみようと思います。 

 

ちなみに、アサヒからコーラ系の飲料を発売するのは17年ぶりとのこと。大人の炭酸シリーズの第1弾がこれで、この後、第2弾の炭酸飲料も発売されるそうですよ。