2010年07月04日

「どっちもドア」はガラパゴス化の象徴?―産経新聞「一筆多論」の記事に思うこと。

sankei_20100628.JPG
(↑ クリックすると大きくなります)
 
こんにちは。顧客視点アドバイザーの神原サリーです。
 
先週の月曜日の産経新聞「一筆多論」というコーナーに、『もう一つのガラパゴス化』という記事が掲載されていました。論説副委員長・五十嵐徹さんの記事です。
 
WEBでの記事はこちら⇒http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100628/stt1006280740002-n1.htm
 
この記事の主旨は、「独自進化して世界から逆にかけ離れてしまう現象」をガラパゴス化というが、政治の独自進化ならぬ劣化という「もう一つのガラパゴス化」は回避せねばならない…ということにあります。その点については、私も同感ですし、異論はありませんが、気になったのが冒頭で「ガラパゴス化」の例として「左右どちらからでもドアを開閉できる冷蔵庫」のことが引き合いに出されていたことです。
 
ある程度家電に詳しい人ならすぐに思い当たるはずかと思いますが、シャープが20年以上前に特許をとって今でも受け継がれている「どっちもドア」のことを示しています。 

「ドアなしというなら驚きだけれど、どちらからでも開けられることに、どれほどの意味があるのかね」。隣席で懸命に笑いをこらえていた知人が、後日明かした理由である。

これは、1990年代初めに開催された「日本の技術力の秘密」と題するシンポジウムでの話のようですが、五十嵐氏は、この後の文章でこう続けます。


世はグローバル化の時代とはいえ、国柄で価値観が異なるのは今も昔も同じだ。われわれには重宝でも、海を渡れば見向きもされない技術だってある。


こうした技術を「ガラパゴス化」といい、「井の中の蛙」な日本人ということについて、何だか違うのではないかなあと思うのです。それがとてもいいものなら、海外にも伝わるはず…というのも違うと思うし、日本人が「こうだったらいいのにな」と望んでいることに応えるものづくりをすることは素晴らしいと思うのですが、私は古い考えなのでしょうか?
 
ちなみに、この「どっちもドア」は、転勤(=引っ越し)が多い家庭で特に重宝されていると聞いています。決して広いとはいえない日本の住宅事情の中で、狭いキッチンのどこに冷蔵庫を置く場合でもスムーズにドアが開けられるという利便性。そのほかにも、家族に右利きの人がいても左利きの人がいても、どちらにも使いやすい…という声もあるとのこと。日本人ならではの細やかな気配りがあってこその、ものづくりだと思います。
 
------
 
家電については、企画・開発者や、技術者の方々にお話を聞く機会がとても多く、「技術者の声を届けてくれる人がなかなかいないので、それを記事にしてくれることがどれだけ励みになっているかわかりません」と言われていることもあり、今回のような記事にはどうも過剰に反応してしまいます。
 
独りよがりの技術によるものづくりはほめられものではありませんし、多機能になりがちな日本の家電について疑問に思っていることもたくさんあります。
 
でも、流行りの「ガラパゴス化」というひと言で何でもくくってしまうことには違和感をおぼえずにいられないのです。生活者としてのぶれない視点をもとに、これからも企業の方々と消費者との間をつなぐ役割でありたいとあらためて思います。
 
 
 

posted by 神原サリー at 14:25| Comment(4) | TrackBack(0) | サリーのひとりごと