2010年04月08日

ショッピングセンターのトイレで見かけたLUSHの試み

LUSH.jpg
 
こんにちは。顧客視点アドバイザーの神原サリーです。
 
このブログでは「どんなにいいものでも、使ってみないと良さがわからないことがある」「試して、納得して、買える仕組みづくりを」ということを何度も書いています。
 
そんな私のハートを鷲づかみにしたのが、あるショッピングセンターの洗面所見かけたLUSHの試みです。LUSHといえば、ボール型の入浴剤や、石けん、シャンプーなどでおなじみのショップ。量り売りの石けんや、ブラックとグリーンを基調にした内装やパッケージ、独特の強い香りが印象的です。
 
私が訪れたSCの2階にこのLUSHが出店しているのですが、1階の洗面所に入ってみたところ、なんと洗面台に吸盤で取り付けられた石けん受けの上に、四角くカットされた同店の石けんが置いてあり、「Let's Try!
」と書かれたPOPもあります。
 
よく読んでみると、「これが気に入ったら2FのショップへGO!」という一文もあり、なかなかやるじゃないかと思ったのでした。LUSHはたぶん20〜30代の人なら気軽に入れるでしょうし、利用した経験のある人も多いことでしょう。けれども、このSCの客層を見てみると比較的高めの年齢層で、場所も都心からは少し離れているので「LUSH」を未経験という人が多いのではと思われます。
 
そうした人たちに対して、どんなに店頭で「お試しください!」と連呼したところで、なんとなく敷居が高いものだし、入りにくいと感じることもあるでしょう。でも、「手を洗う」という行為が必然の場所に、「どうぞ使ってみてください」と置いてあったら、使ってみたくなるものですよね。
 
そして、使用感が自分にぴったりと思った人は、「トイレにあった石けん、よかったわ」とお店に足を運ぶことだってあるでしょう。SC側に交渉して、この方法をOKしてもらうには、もしかするといろいろ大変なこともあったかもしれませんが、こうしたチャンレンジ、いいなあと思います。
 
 
posted by 神原サリー at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | このPOPに惚れました♪
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36956323
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック