2010年06月07日

国際展示場前にレッドブル、現る!

RedBull_1.jpg
 
こんにちは。顧客視点アドバイザーの神原サリーです。
 
先週、リビングライフインテリア展の取材で2回もビッグサイトに行ってきた私ですが、帰りがけに国際展示場駅とビッグサイトとの中間地点で「レッドブル、翼をさずける。」で有名なレッドブルのキャンペーンカーに遭遇しました。
 
人目をひくキャンペーンカーには、2人のキャンペーンガールが乗っていて、レッドブルの形をした保冷バッグに入れたレッドブルの試供品とパンフレットを道行く人に配っています。これまで、このエナジードリンクの存在は知っていても飲んだことはなかったし、飲んでみようとも思わなかったのに、10センチヒールのパンプスを履いて、4時間近く歩きづくめだったのですから、「私に翼をさずけてほしい!」と思って、吸い寄せられるようにキャンペーンカーのところに行ってサンプルをもらってきてしまいました。
 
RedBull_2.jpg
 
カフェインがコーヒー1杯分も入り、アルギニンやビタミンB群が配合されているとのことですが、炭酸飲料で酸味もあるため飲みやすく、確かに元気が出たような…。
 
「RED BULL、翼をさずける。」というキャッチコピーはさすがだと納得した次第。
 
それにしても、こうしたドリンク類のサンプリングの場所として、ビッグサイトの近くを選ぶというのはすごいなあと思いました。10センチヒールは別としても、とにかくこうした展示会は配布される資料の量も多く、会場が広くて歩き疲れるものだし、はっきりいって会場を出てくるときには「疲労困憊」になりますもの。
 
ちなみに、キャンペーンガール嬢は、サンプリングの際に必ず、プルトップを開けてその場で飲むように促し、「カフェインが入っていますが大丈夫ですか?今までに飲んだことはありますか?」などの声を掛けることを徹底していました。疲れている今、飲んでみて実感してもらうことが重要なポイントだし、体質が合わない人もいるので、その点にも注意が必要だからでしょう。
 
------
 
調べてみたら、缶ジュースではないのでけっこう高いのですね。ツイッターなどでもたまに夕方になると「冷えたレッドブル、飲みたい」などの発言を見かけますが、人気のほどはさていかに?
 
レッドブルを飲んでみたこと、ありますか?
 
この記事へのコメント
日本橋の丸善の前で飲んだことがあります。
学生時代に飲んでいた、コアップガラナに近い味ですね。

以前、ハイパー・メディア・クリエーターの高城剛氏が、
ヨーロッパではシャンペン割りが流行っていると言ってました。
Posted by egao at 2010年06月07日 19:58
>egaoさん

egaoさんも飲んだことがあったとは意外でした。シャンペン割りだと発泡×発泡でなかなかパンチがあってよさそう。

でも、ちょっと高いですよね。
Posted by 神原サリー at 2010年06月14日 11:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38806385
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ラブホテルの経営学(下)
Excerpt: ラブホテルの経営学(上) (続き)何故、ラブホテルを作りたがる人間が多いのか。又、投資家が注目するのか。簡単に言えば、「儲かるから」だ。脱税を抜きにして、健全な経営を行っ...
Weblog: んがぺのちょっとした政治・経済の話
Tracked: 2010-06-08 00:11